証券会社の口座に違いが

証券会社の口座開設の時、どんな口座を開きますか?
口座には、一般口座と特定口座が存在します。
特定口座には「源泉徴収有り」と「源泉徴収無し」があります。
特定口座の源泉徴収有りにすると、

証券会社が取引総額の計算をして、源泉徴収税を納めてくれます。
収益の高によっても口座の種類を選ぶことが必要です。
あなたが、20万円以下の収益しかない場合は、特定口座の源泉徴収無しを選び
収益が20万円を超える場合は、特定口座の源泉徴収有りを選択すると便利かもしれません。
口座を複数お持ちであれば、特定口座の源泉徴収無しを選択し、
証券会社から送られる損益計算書で通算し、確定申告をする。
損益通算は3年間できるので確定申告するとお得感がでるかもしれません。
常に収益を20万円以上あがている人にとっては損益通算は必要ないかもしれませんが
いつもいつも儲けられる世界ではないので、知識として知っておくのはいいかも。
でも、投資の世界で勝ち組に入りたいですよね。

証券会社によって、手数料の差や、スプレッドの狭さ、
更に約定力が違ってきます。
指定したとおりに売買が行われるのが、約定力の違いになります。

あなたが株式投資初心者であれば、証券会社の口座開設から基本のこと
さらには、株式投資で儲けるコツをくまなくお伝えする教材があります。

神王リョウこと、山本亮さんは、投資資金を100万円貯めました。
が、ご両親が資金の窮地だったので、その100万円をご両親に。
それから働き、投資資金をため、投資を行いました。
最初からうまくは行きませんでしたが、投資で勝てるコツを見つけました。
そして、ある銘柄との出会いでそれまでの株式投資で勝てるようになりました。
3日でサラリーマンの生涯の収入を稼ぎ出したことがあるのです。

そんな神王リョウこと、山本亮が教材を発売しました。
神リッチプロジェクト
費用は安くないにも関わらず定期的に売れ続けています。

トップに戻る

次の記事「株価の上下の限界はあるのか」

神リッチプロジェクト