株価チャートで儲けるとは

株価チャートで儲けるということは、株価チャートを分析する力が必要となる。
その前に、「株価チャート」に軽く触れておきます。
ご存知かもしれませんが、株価チャートには、過去の株式投資の結果が記されています。
なので、事実が刻一刻と記されていくのです。

そのチャートの記されるグラフは時間足の種類によって異なります。
値動きが激しい銘柄は時間足の短いものを利用し、あまり値動きが無いような銘柄は比較的長い時間足を使うといい。

一般的には、時間足の違う2種類を利用しその株価チャートから未来を判断する。
時間足には、始値、終値、高値、安値が表示され、上昇基調、下降基調が読み取れるのです。

その読み取れた状況からこれから上昇するのか、下降するのかを確認し
売り、買いの判断をしていくのです。

更に、株価予想に用いるのは、2種類の時間足の数値を一枚のチャートに表すことで
移動平均線を書き込むことで、株価予想ができるようになるのです。

株価変動の幅から突き出ると、これから上昇する可能性があり、
逆に下へつき出ると、これから下降する可能性が大きい。

これらの株価チャートで株式投資を行っている有名な人がいます。
神王リョウこと山本亮。その彼が「神リッチプロジェクト」と言う塾を主宰しています。

彼は、有名な株式投資家と対談していても堂々としており
この著名な投資家がある推奨銘柄についてしゃべった後、
何と彼は、「専門家のいうとおりに投資しても勝てない」と断言。
そして、「専門家の意見は参考程度に聞いて、株式チャートで確認が必要」と。

その専門家は苦笑い、図星なんだろうなあ。

その専門家のいうことを株価チャートで確認するということは
事実を本当に行っているかがすぐに判明するということ。

事実が判明して、これなら本当に儲けられそうと
分かれば、投資を実行に移す。
そして、ルールに従って損切をする。

雑誌などで専門家が言う推奨銘柄では、
その記事が書かれた日と現在がかけ離れていたら
まず、株価チャートで事実確認は最低必要だろう。



次の記事「優良株の探し方」

トップに戻る

神リッチプロジェクト